2015年結成のコントラバス四重奏。
即興を交えながらこの楽器の可能性とメンバーの能力を最大限活かす演奏が注目されつつある。
ジャンルやシーンの枠を越え幅広い活動に挑戦しようと、メンバーの士気も高い。

楽団四器

=今公演のメンバー=

楽団四器 吉岡直樹
吉岡 直樹(よしおか なおき)

1976年、北海道函館市生まれ。
中学時代、デューク・エリントン楽団のCDを聴いて「こんな面白い音楽が世の中にあったのか」とジャズへの関心が高まる。
1995年よりベースを始め、大学在学中より演奏の機会を得る。森田利久(ギタリスト)、中村新太郎、榊原利修の各氏に師事。
現在、愛知県名古屋市在住。東海地方のジャズ・クラブを中心に活動中。2管クインテット「移動性高気圧」、ベースカルテット「楽団四器」主宰。

楽団四器 谷井直人
谷井 直人(たにい なおと) (15日,16日)

1981年生まれ
24歳からジャズベースを始める。
大久保健一、島田剛、俵山昌之に師事。
大野俊三、唐口一之らとの共演を重ね経験を積む。
現在は自己のバンド谷井直人カルテットをはじめ、宮本やすしクインテット、ストレートなスイング感を目指す猿渡泰之トリオ等のバンドに所属。
東海地区を中心にライブ活動、セッション、イベント等での演奏を行う。

楽団四器 飛騨勇也
飛騨 勇也(ひだ ゆうや)

平成元年4月16日生まれ。16歳の時にベースを始める。
独学でロック、Victor Wootenの楽曲をひたすらコピー。
高校卒業後、甲陽音楽学院に入学。
エレクトリック・ベースを大久保寛之氏、塩崎裕氏、ダブル・ベースを島田剛氏に師事。
在学中に様々なジャンルの音楽を学ぶ。
現在は自身のバンドとセッションワークで活動中。

楽団四器 祖父江憂貴
祖父江 憂貴(そぶえ ゆうき)

愛知県一宮市出身。
奏者を支える堅実で真摯な演奏を信条としている。
多様な楽器経験を活かし、東海地方を中心にジャズに限らず演奏活動を行う。

楽団四器 沖田望
沖田 望(おきた のぞむ) (17日)

愛知県春日井市出身。
3歳よりピアノを始め、中学時代にエレキベースに触れ、低音楽器の魅力に取り憑かれる。
大学入学と同時にダブルベースを始め、独学で習練を積み、現在東海地方を中心に演奏活動を行う。
安定のあるリズムと歌心溢れるフレージングに定評ある。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
さむたいむユニット@いちご一会

次回公演
15周年記念イベント毎月15日開催
>>次回公演詳細情報はこちら
>>ご来場の予約はこちら